【モバイルバッテリー】携帯・iphone・ipadなど追加で選ぶ賢い選定方法

iPhone4のバッテリ活用法【再利用】

コネクタ

iPhone4やiPad2の外部バッテリーは、iPhone5で使えます!

 

iPhone4とiPhone5で、接続コネクタの形状が変更になり、スリムになりました。そのため、従来のバッテリーはそのままでは接続することができません。

 

変換コネクタやアダプタってないの?
← Lightning - 30ピン 変換アダプタ(ケーブルなし)

 

せっかくの大容量バッテリーがもったいないので、なんとか流用出来ないかと思い調べてみたら、iPhone4と5の変換アダプタが販売されていました。

 

しかも価格を見てびっくり! すごくお値打ちです。これなら流用しない理由が見つかりませんでした。

 

従来のバッテリーも無駄なく活用できで便利です。iPhone4(S)とiPhone5の複数台を持っている場合は、共用できるのが良いです。

 

問題点 コネクタ部が大きいので、ケースが干渉する場合があるので、できればケーブル付の方をおすすめ。こちらは緊急時にケースを外して使うなら良いと思います。


Lightning - 30ピン 変換アダプタ

Lightning - 30ピン 変換アダプタ

そこで早速購入して、使ってみたところ問題無なくiPhone5で、使えること分かりました。

 

 

←こちらは、上記の画像の接続変換のLightning - 30ピン 変換アダプタ)を使って、iPhone4用の外部バッテリーをiPhone5に接続したところです。

 

 

 

 

 

 

バッテリーと接続したところ。
    ↓

 

 

私が使用したLightning - 30ピン 変換アダプタ がこちら(問題あり)
 ↓

 

 

 

ケーブルを変更すれば、流用可能なのが嬉しい♪

 

接続を試す感覚が、積み木を積み上げるの似ている気がしました。

 

 

問題が1つ、Lightning - 30ピン 変換アダプタ(ケーブルなし)は、iPhoneをケースに入れたままだと、アダプタが干渉して充電できないので、ケーブル付タイプがオススメ。私も注文しなおします。

 


USB接続なら流用できる。

バッテリーは、携帯電話だけではなく、5Vの電気を供給できるので、USB接続の他の機器にも使えます。

 

例えば、イーモバイル、WiーFi用の外部バッテリーとしても活用できるので、外出先でも電池容量を気にする事なく、使用することができるのでストレスがありません。

 

USB接続タイプは、ケーブルを交換するだけで、充電ができるのが良いです。