iphonen バッテリー 節約

iphoneのバッテリーを節約する方法を紹介

iPhone5のバッテリー消費を抑える方法(地震などいざと言うときに役立つバッテリーの節約)

 

家電製品を使わない時は、待機電力をカットするために、コンセントを抜く節電はご存知と思いますが、スマホでも同じ事がいえます。ただ、コンセントを抜く代わりに、使用しない機能はoffにします。
まず、各項目を列挙します。

 

画像の流れで設定できましたが、画面のデザインや方法は、OSなどのアップデートで変更になる場合もあります。あくまで参考にて。この設定による不具合などは自己責任でお願いします。

 

画面を調整してバッテリーの持続時間を伸ばす設定をします。

 

壁紙 明るさ

 

iOSのバージョンによって、デザインやボタンの位置が若干変更になっています。

 

 

 

 

画面の明るさ

 

室内では、画面の明るさを調整する。

 

 

 

画面を暗く

 

画面を暗くする。でもこのままでは、また自動で明るくしてしまうので、室内にいる時は、自動をオフにしましょう。写真では自動がオンの状態ですが、オフにします。

 

 

次はBluetooth(ブルートゥース、ブルーツース)の設定をいじります。

Bluetooth

 

こちらも使わないなら、設定をオフにしましょう。

 

Bluetooth(ブルートゥース、ブルーツース)

 

 

なぜかオフにしても、iOSのアップデートでオンになることがしばしばあるので、注意して下さい。

 

Bluetooth(ブルートゥース、ブルーツース)

 

位置情報サービスも変更

プライバシー

 

 

家で使う分には、位置情報はあまり必要ないという方は、こちらもオフにしましょう。

 

 

 

 

 

位置情報オン

 

 

 

 

位置情報オフ

 

 

 

 

 

位置情報

 

外出する場合は、オンにするのを忘れずに。

 

WI-FIも使わないならオフに

wifi

 

 

 

 

 

 

 

 

wifi on

 

 

 

 

 

 

 

 

wifi off

 

 

 

 

 

まだまだあるけど、めんどくさい

上記以外にも
Spotlight

 

Spotlight検索

 

 

 

 

 

不要なものは止める。

 

 

通知

 

余分な通知を停止する。

 

通知

 

ネットワークのサーチを制限する。

 

キャリア

 

ネットワークの選択
ネットワークの選択

 

 

 

不要なアプリは削除する。
裏で動いているアプリを止める。ホームボタンを2度押すと、裏で動いているアプリが見られます。

 

いろんな設定をしていくと、あとで元に戻すのを忘れたりしてしまいます。

 

たまにしか設定をいじらないと、外出先で慌てることになるので、私はこれ以上の設定をするよりも、外付けのバッテリーを活用したほが楽なのでこちらをいつもカバンに忍ばせています。

 

外付けバッテリー

 

私が使うスマホ用のバッテリー