【モバイルバッテリー】携帯・iphone・ipadなど追加で選ぶ賢い選定方法

iPhone4&5 iPad 活用アイテム最新情報 一覧


話題のおすすめ記事一覧

予備バッテリーiphone5 バッテリー 予備
予備バッテリーで安心
大容量のすすめ   

バッテリー節約バッテリー節約法
予備バッテリーだけでは不安
消費電力も減らしたい方向け

ipadキーボードiPad ノートパソコン化計画
iPadをノートパソコンに!
お手軽簡単なアイテム

iPhoneバッテリー活用iPhoneのバッテリ活用法
iPhone4のバッテリーは、
5でも使える再利用計画

iphone録音 iPhoneの通話を録音
iPhoneで通話を可能に!
記録するアイテム

iphone iPhone&iPad 活用術
iPhone&iPad
使い倒せ計画

 

■最新更新情報

iPhone5ワンセグチューナー登場

 

iPhone5の予備ケーブルのお値打ち情報を更新しました。

iPhone5用ケーブル

 

 

外部サイトですが、こちらでは最新のバッテリーを紹介しています。

 

バッテリー容量

口コミ情報

スマホ モバイル充電の選定で重要なのは、次の点です。
■対応機種
■バッテリー容量
■重量
■サイズ

 

iPhoneなどのスマートフォン(スマホ)のバッテリーなら1000mA以下は問題外。

 

いくら価格が安くても、最低ラインとして1000mA以上のものを選定したいところです。容量が少ないと、いざというときにほとんど役に立たない可能性があります。

 

バッテリーは、充電してから時間経過とともに放電して、バッテリー容量が減少します。

 

いざ携帯電話のバッテリーが切れそうだから、補助バッテリーにつないで充電しようとしたら、バッテリーの充電容量がほとんど無くなっていた、なんて笑えない状況になってしまいます。

 

最近のバッテリーはニッケル水素と異なり、減少幅がかなり少なくなりました。

 

できれば1500mA以上のものを選定することを、オススメします。

 

>また、ipadなどタブレット型なら、5000mA以上が一つの基準となるでしょう。

 

もし、サイズがあまり気にならなければ、容量が多いものを選定するのが一番です。

オススメバッテリー

 

 


iPadの気になるアイテム

TL040K

バッテリー容量はあくまで目安で、その数値通りに充電出来る訳ではありません。

 

携帯などのバッテリーがそれほど減っていない場合、あまり充電できない場合もあります。

 

しかし、その携帯のバッテリー残量がかなり減少してから、もう一度充電するとかなり回復するように見える場合があります。(電圧差)

 

そのような特性があるので、使用される場合はご注意下さい。また、繰り返し充電回数に達していなくても、以外と早く使えなくなることもあります。衝撃を与えたりされない方が良いでしょう。

 

現在、バッテリーは2つのタイプが主流です。
リチウムイオン 
リチウムポリマー

 

サイズは構造的に、こんなイメージです。
リチウムイオン(やや大) > リチウムポリマー(小)

 

同体積であれば、リチウムポリマーの方が容量は一般的に大きいです。価格はリチウムイオンの方が、低価格ですが、デザインによっては逆転します。

スマホ バッテリー


iPadの気になるアイテム

iPadをノートパソコンみたいに使うための外付けキーワードですが、装着すると一体化するので、iPadがまるでノートパソコンみたいに使える面白いアイテムです。

 

 

紹介記事【筆者が実際に使用した装着画像例あり】
ipad2 3 キーボードケース Bluetoothキーボード内蔵

 

落下時のケース代わりにも使っています。外出時は予備の電池を持っていると助かります。